不動産

ビル

インフレに強いのも実物投資の不動産投資

収入を増やしたいために投資を行う人は多くありますが、様々な投資の中でも不動産投資は強いです。
実物資産でもあるのが不動産でもあり、そのためインフレにも強いという利点があります。
自国通貨の価値が下落して、商品など物という対象物の価値が上昇するのが、インフレが起きているときの現象です。
世の中がインフレの状況になれば、物として扱われる不動産は、相対的に不動産価格は上昇するのが、一般的な傾向としてあります。
不動産購入の時にローンを組んでいた場合、借入の絶対額は変化なしでも、自国通貨の価値は下落をしないため、借入額と資産価格との差が広がる可能性は大です。
インフレにも強いのが不動産だからこそ、様々な投資がある中でも、現物投資の不動産は価値が高くなります。
世の中がインフレの時には現物物資の投資が集中をしますが、これはインフレの影響を受けにくいからであり、ゴールドや不動産には影響をしないためです。
将来性がある立地の不動産などは、インフレには特に強いですし、不動産立地が良いことにより、住宅需要もアップしますし、サービスや企業も新たに進出することも期待できます。

ビル

関連情報一覧

不動産投資をするメリットを紹介します

ダメ元でも相談してみると良いかもしれません

インフレに強いのも実物投資の不動産投資

コミュニケーションが取りやすいオープンリビング